サイトセキュリティ強化のため、2017年11月4日より、株式会社桃鶴堂Webサイトの通信を暗号化するセキュリティ対策を開始いたしました(常時SSL化・HTTPS化)。それに伴い、URLが下記の通り変更となります。

(旧)http://tokakudo.com/
(新)https://tokakudo.com/

「http://」でアクセスした場合も、自動的に「https://」へリダイレクト(転送)されますが、ブックマークやお気に入りに登録されている場合は、お手数ですが新URLで再登録をお願いいたします。

また、弊社が運営するWebサイト(広告媒体)について、2017年8月1日以降作成を開始したWebサイトについてはSSL化は必須とし、それ以前に作成したWebサイトについては随時SSL化の対策を施しております。

常時SSL化とは

「常時SSL化」とは、自サイトのWebページをすべて暗号化することです。常時SSL化を行うことにより、Webサイトのトップページから、暗号化されたプロトコルを使用した安全なコンテンツであることを示す「HTTPS」が表示されます。

今後、Google ChromeやSafari、各社ブラウザは、HTTPS(SSL化)対応のWEBサイトを「安全」「保護された通信」、非対応のWEBサイトを「危険」「保護されていない通信」として、客観的なセキュリティ指針をURLや画面上で明らかにしていくことを発表しました。

SSL化に伴うユーザーに対し与える効果は主に以下です。

  • 盗聴、パケット改ざんの防止
    常時SSL化によってWebサイト内でのユーザーの行動を保護し、Cookieを含めたすべての情報を暗号化します。暗号化されたデータは第三者が盗み取ることが困難になり、パケットの改ざんもされにくくなります(いわゆる「フィッシング」の防止)。なお、桃鶴堂が作成するWebサイトは「情報提供」を目的としているため、サイト内で購買行為が行われたり、個人情報を得られるような仕組みにはなっていません。全てリンク先の広告主媒体で購買行為を行うことになります。
  • Webサイト・取得ドメインが本物である(存在することの)証明
    常時SSL化によって当該Webサイトが唯一無二の本物である、またWeb上に存在するドメインであることの証明を得られます。